人材管理システムにはこんな提供形態があります

クライアント・サーバータイプを選択できる

人材管理システムを導入するときに気になるのは提供形態ですが、これはクライアント・サーバー型が用意されています。自社内に専用のサーバーを設置して、専用回線を利用者の使う端末と接続する方式です。サーバーと回線はすべて自社で用意しないといけないのですが、自社で情報管理ができるのがメリットと言えます。外部に情報が漏れてしまうリスクを回避したいときにいいでしょう。ただしサーバーと回線を運用するためには初期コストが結構掛かってしまうのがネックです。情報システムの管理といった業務も増えてしまうので導入をするときには注意しておきます。資金力や人員の多い大企業が導入する場合が多く、中小企業の場合はクラウド型を使うのがおすすめです。

クラウドタイプは初期費用が安く済む

自社でサーバーや回線を用意するよりもコストが安く使いやすいのがクラウド型の人材管理システムです。委託企業を利用して人材管理システムを導入できるので自社で情報管理をする必要がありません。クラウド上のシステムに端末を繋いで使うタイプのサービスで、コストや業務の大幅削減ができるのが魅力です。メリットは多くソフトウェアのアップデートが自動で行われるので常に最新バージョンを使えます。初期コストはソフトウェアのライセンス料だけで済むのでサーバーのような高額な金額が必要ない、これにより中小企業でも導入しやすいのが強みです。セキュリティも委託会社に任せるのでしっかり情報管理してくれるサービスなのか調べておきましょう。