メリットやデメリットについて

クラウド型とオンプレミス型、それぞれのメリットを紹介します。

人材管理ツールは大きく2つ、クラウド型とオンプレミス型に分けることができます。人材管理ツールを活用している企業の中で、導入の割合が高いのはクラウド型です。オンプレミス型と比べてコストが安いことは、大きなメリットといえます。また、PCとオンライン環境さえ整っていれば、時間や場所を選ばずに利用できるのもクラウド型の魅力です。システムの管理もサーバを持つベンダーが行うため、大幅に手間を削減できます。
セキュリティ面を重視するなら、オンプレミス型でしょう。セキュリティポリシーを反映させ、強固なセキュリティを構築できます。加えて、社内にサーバを有するので、独自にカスタマイズすることが可能になり、要件定義に沿ったシステムを築くことができます。

それぞれのデメリットも知っておきましょう

システム導入の中でも、特に難易度の高いものの1つが人材管理システムです。それだけに、注意すべきポイントも数多くあります。
点在する拠点に散在する人材情報の一元化、他のシステムとの連携、要件定義など、何か欠けても導入の失敗につながり、デメリットを見過ごしていたために起こるミスも目立ちます。だからこそ、デメリットはしっかりと認識しておくべきです。
クラウド型はオフライン環境下では使えず、インターネット障害の発生時への準備が必要になります。システムが数多くリリースされているので、自社に合ったものを見つけるときに戸惑うことも。そして、情報を社外で管理するのでセキュリティ面の不安は残ります。
オンプレミス型のデメリットは、コストです。サーバやシステム構築に大きな費用がかかります。よくある失敗に、システム購入後の運用費などを見込んでおらず、ランニングコストの必要性をあとで気づくということもあります。