人材管理システムとはどんなものか

人材管理システムとは~従来の人材管理との比較

従来から馴染みがあるのは人事労務管理です。企業における社員の採用と、社員の労務管理と健康管理や仕事の目標設定や評価管理など、多岐に渡っています。それだけに人事管理には時間がかかり、管理人員も必要でした。今では人事労務管理もより戦略的になり、社員という人材を効率良く、効果的に活用する時代です。そのために作られたのが人材管理システムです。組織が大きく、しかも社員が多ければ多いほど、その人材の管理には多くの時間がとられます。そんな時に人材管理システムを使用すると、管理自体も効率化し、より戦略的で生産性の高いものへと改革することが出来るようになります。システムはあくまでツールです。従来、管理に時間がかかっていてできなかったことを、ツールである人材管理システムを使うことで時間が短縮でき、その時間で生産性の高い、より創造的な仕事に労力を振り向けることが可能になります。

人材管理システムの用途とメリット

従来の人事労務管理は紙ベースで、情報収集とまとめに多大な時間がかかっていました。人材管理システムでは、例えば社員の勤怠管理一つにしても、全社員が社員カードをカードリーダーに通すだけで出退勤情報が電子化され、人材管理システムに一元化されます。これを月々自動集計するだけでパソコン画面に表やグラフで可視化され、人事部門の勤務管理がとても合理化できます。単に業務の効率化が図れるだけでなく、人事労務情報が可視化されることで、社員という人材の適材適所の配置で活用したり、社員の適性と資格や職歴で必要な教育をして組織も一層強化でき、企業の発展に役立てることができます。更に現在は、経営戦略に合った人材発掘にも活用し、適切な教育を施し、積極的に経営参画に登用していくタレントマネジメントの取組みも始まっています。従来の個人の勘や漠然とした印象で行っていた人事評価も、よりシステマティックで合理的に行えます。