人材管理システムの利用方法について詳しくなろう

クラウド型システムの使い方とは

人材管理システムは大きく分けて2種類の提供形態があります。自社に最適なシステムを導入するために、まずはクラウド型の利用方法について調べてみましょう。クラウド型はパソコンとオンライン環境さえあれば、時間や場所を問わず自由に使えるのが特徴です。外出時でも人材情報をスムーズに確認できます。提供会社のサーバー上でシステムが稼働しており、自分達でサーバーを運用する必要がないのも大きなメリットです。導入コストは無料から数万円と安く、月額料金が低く抑えられていてランニングコストにも優れています。通信やデータは暗号化されておりセキュリティ面も安心です。カスタマイズにはほぼ対応していないので注意しておきましょう。

オンプレミス型の使い方とは

自社でサーバーを調達し、ソフトウェアをインストールして使うのがオンプレミス型です。自社のネットワーク環境下でソフトを動かせるため、カスタマイズ性にも優れています。セキュリティ対策を柔軟に行えるため、情報漏洩などのリスクが軽減できるのも強みです。他のソフトウェアとの統合性が高く、既存のシステムを改良してオリジナルのシステムも構築できます。オフライン環境で使えるので、インターネットに障害が発生した場合でもシステムが止まる心配はありません。導入コストは数十万円から数百万円と高額になりますが、システムを自由にカスタマイズできるのは魅力的なポイントです。現場の声をすぐに反映し、自社に最適な環境を構築できます。